最新モデル! ソマヴェディック 「メディックスカイ5G」

価格: ¥132,000 (税込)
[ポイント還元 1,320ポイント~]
数量:

返品についての詳細はこちら

レビューはありません

■電磁波からの最強で最高の防御を追求した
 最新モデル ソマヴェディック「メディックスカイ5G」


ソマヴェディック「メディックスカイ5G」

強力電磁波からの保護に特化されたモデルで、強烈な5G電磁波からも人体を強力に防御し、より良く自然で心地良い環境を作り出します。
ソマヴェディックポータブルに対応していますが、水の活性化には対応していません。
5Gは電磁波の強力バージョンで、今まであなたに振り注いでいた雨(電磁波)が打ち付けるように強くなるイメージです。

ソマヴェディックスカイ5G

イワン・リビャンスキー氏 ■開発者:イワン・リビャンスキー氏
メディックスカイ5Gの容器は、銀の持つ物質の波動を上げる力を応用して、
ソマヴェディックの波動が更に高まるよう内側を銀コーティングにしています。
電源を入れると銀のコーティングがメディックスカイ5Gの放つバイブレーションを
まるでスピーカーのように強力に空間に広げ、パワーが虹のように広がる構造となっています。
また、新たなパワーストーンとして、シュンガイト(隕石)とカーネリアンを加えています。

ソマヴェディック「メディックスカイ5G」
■ソマヴェディック「メディックスカイ5G」の効果
3G、4G、5G、電磁波、ジオパシックストレスゾーン、細菌、寄生虫、ウイルス、カビの除去

【おすすめの設置場所】
都市の建物、病院、リハビリセンター、オフィス、会社、工場、アパート、カフェ、
エステサロン、美容院、店舗、居住空間、電子機器や機械の多い場所に置くのが効果
的です。場所だけでなく、スピリチュアル能力を高めたい方にもお勧めします。

■メディックスカイ5Gの構造
ソマヴェディックスカイ5G

メディックスカイ5Gのガラス容器の内側は、銀でコーティングされています。

そして、内部に使用している14種の鉱物は通常モデルよりも全て大きなものを使用し、更に新たなセミプレシャスストーンとしてシュンガイト(隕石)、カーネリアンも加えメディックスカイ5Gの核としてセットしています。

シュンガイト(隕石)は非常にユニークなパワーストーンで、フリーラジカルを除去するフラーレンを空間に放出する働きがあります。

カーネリアンはグラウンディングを助け、環境、肉体の電磁波などの空間の穢れをより素早くスムーズに排出する働きがあります。

メディックスカイ5G 効果の証明
■レグメド社による検証
レグメド社はドイツで医療機器と認められている波動測定器のNo.1メーカーです。「電車、レーダー(管制塔など)からも発せられる強力電磁波の影響が全てカットされている」とレグメド社の調査により証明されています。

■チェコ自動車工場での検証(Kolin,Mlada Boleslav)
そこでチェコでは自動車の自動制御装置開発現場や工場ではすでに5Gが採用されています。メディック スカイ5Gは、5Gに対する防御効果を実証しました。

■高名なドイツ医師による近年の研究結果
Dietrich Klinhardr と Siegfried Kiontke
「電磁波によって発生するフリーラジカルの悪影響は細胞のプログラムを狂わせる原因の一つであり、ソマヴェディックはその狂ってしまったプログラムを正常なプログラムに戻す。」と結論づけています。

■電磁波が与える健康への影響とは
電磁波に被曝すると、酸化ストレス、DNA損傷、免疫異常、自律神経系の異常、ホルモンの異常、心臓血管系の障害、認識機能の異常などが発生し、神経側索硬化症(ALS)などの神経変性疾患や、脳腫瘍などのガン、流産の増加、精子数の減少など生殖機能障害につながると指摘されています。
電磁波過敏症という新しい病気も、携帯電話の普及とともに世界的に増えています。家電製品や送電線、Wi-Fiや携帯電話などの電磁波の影響により、頭痛や極度の疲労感、めまい、目が焼けるような感覚、血圧の異常、耳鳴り、耳への圧迫感、動悸、吐き気、集中困難、記憶力の低下、多動、イライラ、不安感などさまざまな症状が起き、電磁波発生源から離れれば症状は収まり、近づくと再発するという特徴があります。

ドイツやスウェーデンでは人口の約9%、イギリスでは約11%、台湾とオーストリアでは13.3%が電磁波過敏症を発症していると報告されています。日本の電磁波過敏症発症者は3.5~5.7%とされており、そのうち約80%は化学物質過敏症も併発しているとのことですが、実数はこれをはるかに上回っていると考えられてます。

■5G電磁波について
次世代通信規格5Gとは携帯電話や様々な通信機器ユーザーに、より早く、より大容量の通信を可能にする第5世
代携帯電話ネットワーク技術です。
そのために、自治体が全国に設置している約20万基もの信号機や、全国どこにでもあるマンホール下に、NTTドコモなど国内通信4社に開放し、次世代通信規格「5G」の基地局として利用できるようにすることが決まりました。

既存の設備を使うことにより、世界で競争の激しい5Gを低コストで早く普及させることができるほか、自治体は自
動運転の実現や災害時の情報伝達などに利用できるとしています。
日本ではメリットばかりが伝えられている5Gですが、海外諸国では5Gの安全性に疑問の声が多く挙げられている
ほか、住民訴訟が相次いでおり、5Gの導入を見送る決定をした自治体も数多く見受けられます。


■第5世代移動通信システム5Gのリスク
私たちは携帯電話やスマートフォン、スマートメーター、Wi-Fiなど、さまざまな無線周波数電磁波を使っていますが、国際がん研究機関(IARC)はこの周波数帯を「発ガン性の可能性がある」と、2011年に認めています。

また、それ以外にも専門家や医師が、不妊や流産、発達障害、睡眠障害、電磁波過敏症など、さまざまな健康問題を起こすと指摘する論文を発表して、その数は増え続けています。

第5世代移動通信システム(5G)では、超高速通信を行う「スモールセル」には周波数4.9GHz(ギガヘルツ)以下の帯域や28GHz帯を使う計画です。無線周波数電磁波のうち30~300GHzをミリ波、20~30GHzを準ミリ波とも呼び、28GHzは準ミリ波にあたります。

周波数は、高くなるほどエネルギーが強くなる性質があり、米軍は95GHzのミリ波を暴徒鎮圧用の兵器「アクティブ・デナイアル・システム」に利用しています。ミリ波を使った動物実験では白内障などの目の異常が、ヒトの細胞を使った実験では遺伝子発現の変化、細胞膜機能の変化などが確認され、特に子どもへの悪影響が懸念されています。
ソマヴェディックスカイ

5Gでは、送信側も受信側も通信速度を早くすることができるよう100本以上のアンテナを組み込んだ超多
素子アンテナ「マッシブMIMO」の利用も計画されています。

なお、5Gでは多くの端末と同時に接続できるので、5Gを利用した防犯・監視システムとしてイベント会場や空港などの広域監視カメラや警備員が体に装着して撮影できる小型カメラなど、群衆行動の監視や顔認証などを実施してリアルタイムで安全管理を行うことができるようになるのですが、社会的な監視の強化につながるという問題点も指摘されています。

5Gでは指向性のある直線的なビーム電波を発信します。今まで使われてこなかった28GHz(ギガヘルツ)帯という非常に高い周波数帯を使うことや、通信方式の変化によって被曝量が劇的に増加し、環境や人体に深刻な影響を与えると懸念されています。

日本ではほとんど報道されませんが、2000年代に入ってから携帯電話基地局周辺では、不眠や頭痛、耳鳴り、めまい、吐き気などの体調不良を訴える人が有意に多いことが、フランス、ドイツ、スペイン、ポーランド、イラン、エジプトなど各国の疫学調査で報告されています。

■5G
5Gのスモールセルアンテナは街灯やバス停、電柱や信号機などに設置され、支柱の高さは2~3m程度となります。また、マンホール型基地局のように地下に設置される場合は、従来の基地局規制条例では規制されないので、スモールセルアンテナに関する規制がされなければ、自宅や学校、病院の周辺、子どもたちの通学路や通勤で使う道路に知らない間に設置されることとなり、特に電磁波の影響を受けやすい胎児や子ども、電磁波過敏症発症者への危険は増して被曝することになります。

歩行者や周辺住民は街灯やバスシェルター、マンホールなどから発生する電磁波に近距離で被曝することになるのです。そのため、2017年には108か国、270人の科学者が「無線周波数電磁波は人類や環境にとって有害なことが証明されている」として、5Gの安全性が確認されるまで導入しないよう欧州連合(EU)に求めています。特に子どもや妊婦(胎児)、高齢者への影響が懸念されており、無線の代わりに有線デジタル通信を行うことなども要望されています。

アンテナ周辺の住民に健康被害が発生するほか、道路を通行中に体調不良が起きる可能性もあります。人体や生態系に悪影響を及ぼすことが指摘されている5Gを、安全性が確立される前に推進しているのが世界の大きな流れです。

私たちの生活環境は、すでにさまざまな無線周波数電磁波が溢れ、気づかないうちに影響を受けています。環境因子の影響を受けやすい子どもたちを守るためにも、より安全な通信方法を選ぶことが大切です。


■世界はすでに「6G」へ動き出している!
「5Gの発がん性、DNA損傷リスク」が未解決のまま、すでに世界は6G開発が進んでいます!
新たな通信規格6Gは、今後ますますの増加が予測されているネットの利用をより高速化し、待ち時間を少なくし、より多くの端末のネット接続を可能にする技術です。

国際電気通信連合は2030年の実現に向けた技術研究グループを立ち上げ、米国ではトランプ大統領が早期の6G実現を訴え、フィンランドや韓国でも6Gの研究プロジェクトが立ち上がっています。中国では科学技術部が6Gの研究開発プロジェクトを立ち上げ、37の大学、研究機関、企業が参加しての国策として6G開発を進めていきます。

5Gでは最低毎秒10ギガビットとされる伝送容量を、6Gではさらに10倍の毎秒100ギガビットとし、通信遅延は1ミ
リ秒から1ミリ秒以下へと短縮され、接続密度(範囲内で接続できる端末の数)を1平方キロメートル当たり100万台
から1千万台に向上させるそうです。

5Gですら研究不足の状況下にあるというのに、世界はより強い電波を必要とする6Gの開発を進めるという恐ろしい状況となっているのです。



■ソマヴェディックで心身と環境を癒す(開発者イワン・リビヤンスキー)



商品説明

ソマヴェディック 「メディックスカイ5G」

商品仕様

製品名: ソマヴェディック 「メディックスカイ5G」

ぜひ、おススメの関連商品です♪

下記にメールアドレスを入力し登録ボタンを押して下さい。

変更・解除・お知らせはこちら

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

土、日祝祭日はお休みです。

メールマガジン

下記にメールアドレスと名前を入力し登録ボタンを押して下さい。
メールアドレス▼

名前▼


変更・解除・はこちら >>


 




QR

ページトップへ